FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電はまだ関東地方の汚染について、何の謝罪も説明もしていない

昨今、東京電力に対する風当たりも弱まってきたようだ。
東電だけのせいにしてもしょうがない、とか、汚染水対策で頑張ってもらわなくては困るから東電の士気を下げるようなことはするな、とかいう声を、テレビなどではよく聞くようになった。
毎日頭を下げっぱなしです、という東電社員の言葉も見た。

しかし、ですねぇ、
東電は、関東地方の汚染地域の住民には謝罪も説明もしていない。
私は、賠償請求した結果、微々たる金はもらったが、説明がない。謝れと言っても謝らない。

私の住んでいる地域も、福島県に負けず劣らず汚染の値が高かったのだが……。
年間1マイクロシーベルトなんか余裕で振り切ってるのだが……。
汚染マップをよく見てほしい。福島県の南部、いわき市あたりででいったん汚染が弱まっている(そして、新聞などが出す汚染マップは、そこまでで切り取っている)が、もっと広い範囲のマップを見れば、茨城県の南部、千葉県東葛あたりが、飛び地となって強く汚染されているのがわかる。
この程度では健康被害はないと言う学者もいる。だが、国の基準を上回る汚染なのは確かだ。

今後健康被害があるかどうか今の時点では専門家にもわからないから、今の時点で言えることしか言わないが。
少なくとも国の基準を超えている地域の人が、恐怖を感じてとった行動による出費は、どう考えても賠償の対象だ。

関東地方でも、事業者や団体にはそれなりの賠償をしたようだが(それでも風評被害の救済という名目)、一般人は無視し続けている。
東電のホームページを見ても、『福島の復興が私たちの原点です』と、あるが、関東地方の汚染については一切言及していない。
加害の当事者としての見解が全くわからない。
時効の延長についても、福島の方々については書いてあるが、関東地方については言及がない。

時効まで逃げ切りかよ?
けじめをつけないで、社員の士気も何もないんじゃないか?


国も東電も、被害範囲を福島県内に矮小化したがっているが、
原発批判をしているマスコミや、脱原発の団体も、被害者=福島の方々という図式を繰り返すだけ。見捨てられた気分だ。

汚染地域で脱原発を叫ぶ人のなかにも、当事者として賠償請求する人はわずかしかいない。
わが国では、事故によって受けた被害は、賠償請求できることになっているのに、相手が東電だと、当事者として対峙することにひるんでしまうのだろうか。
加害者に対して説明・謝罪・賠償はちゃんとしろよ、というのは、脱原発かどうかという以前の問題だと思うが。

おとなしく、遠慮がちで、優しい人たち。自分のことよりも、もっと苦しい人たちのために一所懸命な人たち。
私はこういう人たちを心底尊敬するが、善良な国民性を利用する形で、被害の範囲が実態よりも狭められ、福島以外の被害はなかったことにされようとしている。
被害を受けた者が損害賠償請求という形を取らない限り、被害はないとされてしまう。それが、この国の仕組みなのだ。
黙っていることは、納得したことにされてしまうのだ。
(デモで叫んでも、無視を決め込む相手には届かない)
主体性を持たなければダメだ。もう時間がないんだ。

集団訴訟なら入るという人も多いのだが、
福島の人たちのための集団訴訟は数あれど、まだ謝罪も賠償もされていない関東地方の汚染地域の人たちのための集団訴訟は皆無だ。

今、関東地方の汚染地域の人が黙っていることは、被害範囲の矮小化に加担しているようなものだ。


先の戦争は、まだ日本に民主主義がなかった時代の昔話だと思っていた。
私は今、歴史的な過ちがうやむやにされていく過程を、肌身に感じている。



時効まであと約4か月。


スポンサーサイト

コメント

はじめまして。失礼な質問かもしれません。

はじめまして。v-263興味深く読ませていただきました。のんたろうさんのおっしゃることは当然のことだと思います。その上で質問させてください。

のんたろうさんは健康被害はあるかどうか分からないから追求しないと言っていらっしゃいますが、福島では検査の結果子供達に健康被害が出ています。

① 原発事故の責任が国と東電にあることは当然ですが、限られた予算の中では、故郷を追われ、健康被害に苦しんでいる人達を救うことに力を尽くすべきだという意見もあります。そういう活動に懸命に取り組んでいる団体も沢山あります。のんたろうさんのお考えはいかがでしょうか?

② 抗議活動は憲法で保障された基本的な権利なのは明白です。のんたろうさんは抗議活動に否定的なようですがなぜでしょうか?

Re: はじめまして。失礼な質問かもしれません。

ハマ子さん、コメントありがとうございます。
失礼ではありませんよ。メールで何度か同じようなご意見をいただいたことがあります。

福島では健康被害が出ている、ということですが、これについては私は判断できません。
まだ私の周りには、放射線の影響かと思われる健康被害が出ている者はおらず、また、私は福島の健康調査については詳しくなく、報道で知るくらいです。
現状、私の言えることは、「原発事故の影響ではないとは言いきれない」ということまでです。

1のご質問にお答えいたします。

7月に書いた記事にも示したように、
http://ibarakinontaro.blog.fc2.com/blog-date-201307.html
損害賠償請求というものは、被害が比較的少額であるから遠慮するというものではないと思います。

東電か政府が「申し訳ありませんが、予算が足りないので福島以外の地域の方については、汚染されていても我慢してください」というようなことは言ってきていません。そう言ってきたならば考えます。
私たち一般人が、国や東電の事情を忖度してしまうことは避けなければなりません。そう言う私も、よくよく注意していても、つい利口ぶって大きな組織の事情を忖度してしまうことがあります。
善良でものわかりのいい国民性が、彼らにとって都合よく利用されてしまうことになると思います。

私は、時効が近づいている今、自分が当事者としてできることを優先しています。
このブログでは、自分の体験に基づいたことを発信しています。
ですから、利己的に思われてしまう面があるかもしれません。
いや、本当に利己的なのだと思います。
私は、自分の身をもって感じたことでないと、熱くなれません。
もし私がの住いが運よく、汚染地域から外れていたら、私は何もしなかったでしょうし、原発に反対もしていないと思います。
自分が直に東電に言われた侮辱的な言葉、自分が請求してみてはじめて分かった理不尽な制度、
身をもって体験したからこそ書けることを書いているつもりです。

原発により、生活の基盤を失った方、高い放射線にさらされている方には、同情します。
今、福島の方に支払われている賠償や、政府の支援が、十分だとは思いません。
また、福島の方を支援している方や団体には敬意を持っております。

2、の質問にお答えいたします。
まず言いたいことは、私は抗議活動に否定的ではありません。
今、辛うじて原発がゼロになっているのも、大規模な抗議活動があったからこそだと思います。
私自身、東京の抗議活動にも何度も行っておりますし、地元の抗議活動にも参加しています。
そういう場で、私は脱原発を言うだけではなく、仲間内に向けて「関東の汚染地域の人はどんどん損害賠償請求しよう」と訴えることをメインにしております。
デモをするくらいの気力があれば、賠償請求の方が簡単だし、効果的だと考えています。
少なくとも汚染状況重点調査地域の方は賠償請求して、さらに抗議活動もすれば、モアベターだと思います。

コメントから受けた印象ですと、ハマ子さんは、福島の子供たちを救う活動をされているのでしょうか?
また、脱原発活動もされているのでしょうか?
公開のコメントでお答えいただかなくても結構ですが、そうだとしたら、活動のしかたは違っても、私はハマ子さんと仲間でありたいです。





時効10年

この度の原子力損害賠償についての時効は、3年ではなく10年になったのではありませんか?

放射能測定地点がそばにある家に住んでいる茨城県県境利根川川向うの我孫子市住民

No title

我孫子もヤバイですよね。

我孫子もヤバイさんは、東電のコールセンターにそのご質問をぶつけてみれば手っ取り早いと思いますが……。
普通の方は躊躇しますよね。
…たぶん東電の答えは、「賠償範囲の対象外です」だと思います。
事故から3年以上経ったからではなく、初めから対象外なのです。

本当に時効が10年に延長ならいいんですけど、それ以前に茨城も千葉も、損害賠償の範囲に入っていないのが問題なのです。
ですからわたしは、まずは、福島県以外でも、一定以上の汚染があれば賠償の対象にするべきだとうったえています。

Re: 時効10年

追伸

我孫子もヤバイさん
もしお読みでなければ、当ブログ2月26日の『関東の放射線汚染も時効は延長されるのか?』
http://ibarakinontaro.blog.fc2.com/blog-entry-47.html
をお読みいただければ幸いです。
文章が下手なので読みにくかったらすみません。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。