FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違えないで  『原発賠償時効なし』ではない

今日の読売新聞(2月9日朝刊)1面に、
原発賠償 時効なし』という見出しで、
小見出しに『現行3年 被災者の権利保護 特例法制定へ』と書いてある。

私は読売新聞をとっていないが、電車の中で見知らぬ人が読んでいるのを見て、これは素晴らしいことだと思った。
私は、茨城や千葉の人もどんどん賠償請求しよう、しかし、時効がありますよ。と言ってきていた。
それがなくなるのだから、素晴らしいことだ。

降りた駅で読売新聞を買って読んだ。がっかりした。
原子力損害賠償センターで和解の手続きの途中や、不調に終わった場合に、時効をある程度伸ばすことを検討している、という意味だった。
時効までにセンターに申し立てなければならないことには変わりがない。

このタイトルでは、勘違いする人続出だ。


時効まであと13ヶ月
関東の汚染地域の人は、どんどん賠償請求しよう。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。